亞洲清酒大賞

Oriental Sake Awards

2022年9月5日に、香港で第一回Oriental Sake Awards 2022のメダル受賞酒が発表されました。今年度は、「純米大吟醸 / 純米吟醸 (淡麗)」、「純米大吟醸 / 純米吟醸 (芳醇)」、「大吟醸 / 吟醸 (淡麗)」、「本醸造」、「純米酒(旨味濃醇)」、「純米酒(淡麗)」、「スパークリング」、「生酒」の計9部門に対し、437点の出品酒を頂きました。そのうち、金賞32点、銀賞64点、銅賞79点が選出されました。 メダル受賞酒一覧はこちらにて公開しています。

なお、部門チャンピオン酒、Sake of the Yearの発表は、9月15日の16:15(日本時間)よりオンラインで発表される予定です。


全世界で新型コロナウイルス蔓延が拡大している中ですが、財務省の統計によると日本酒の輸出は12年連続で成長を続けております。2021年の輸出総額ではアジア向けの輸出が50%以上を占めており、世界における日本酒の重要な市場となっています。

亞洲清酒大賞(OSA)は2022年に初めて開催される日本酒のコンテストです。アジアの酒類専門家によるブラインドテイストにて、アジアの消費者に好まれる上質な日本酒を選出致します。

本コンクール開催の目的 •アジアの消費者に好まれる日本酒を選出し、消費者の指南書のような役割となること。 •アジア市場で好まれる味わいを選出することで、市場開拓の参考となるデータを提供すること。 •アジア地区で最も影響力のあるコンクールとなること。

Riedel

ご参加頂くメリット:

•香港での知名度向上と、商品の販売促進となります。

•アジアの消費者が好む味わいを理解することで、輸出の販売戦略を立てやすくなります。

Micky Chan 氏 (酒サムライ、OSA審査長)